大工日記

  • 2020.10.28

    水沢 毘沙門堂建て替え工事

    築160年の御堂の建て替え工事。胆沢平野の開拓の祖でキリシタン領主・後藤寿庵の教会跡と伝えられる毘沙門堂。老朽化した御堂の建て替えに合わせ7月末解体着手。解体後、発掘調査が行われました。 9月基礎着工。 束石は土間からの頭出がおおよそ100…

    続きを読む

  • 2020.10.22

    江刺 庫裡屋根改修工事

    屋根全面の屋根葺きが完了しました。 屋根の頂部に箱棟が上がり、これにさらに鬼の装飾が施工されます。 前回は、軒下外壁面の下地組みの途中経過でしたが、外壁を張り終え、軒天下地の作業に移り改修工事の大工工事は終盤を迎えています。 隅木の先端が上…

    続きを読む

  • 2020.10.13

    江刺 庫裡屋根改修工事

    既存屋根が完全に撤去され、新規屋根の小屋組み・野地板張り・アスファトルーフィングと工事が進みました。 解体完了後の新規屋根の小屋組み組立の様子。 現場で加工しながらの組立作業になりました。 野地板が張り終えたところで、水下側から下葺きのアス…

    続きを読む

  • 2020.10.06

    江刺 庫裡屋根改修工事

    既存屋根解体工事8日目にしてラフタークレーンを使った解体作業が完了しました。 以下の写真はこれまでの経過です。 先に野地まで進められた妻側の屋根を解体。解体がある程度進むと、屋根を造り進める大工と、解体を進める解体班と二手に分かれて同時に作…

    続きを読む

  • 2020.09.29

    江刺 庫裡屋根改修工事

    昨日より庫裡の既存屋根の解体作業が始まりました。 トタンを留め付ける下地(野縁)と茅を手作業で撤去します。 立地の関係もあり、解体した材料はクレーンで釣って地上へ移動。 手作業での茅の撤去。一日で妻側完了しました。

    続きを読む

  • 2020.09.25

    木っ端の活用 ~発想×技~

    新築やリフォームの工事、ちょっとした棚の取り付けや家具製作など、お客様から様々な工事のご用命をいただいております。 大小関わらず工事の際に必ず出る木材の端材。 本来であれば捨てられてしまう端材ですが、佐藤工務店では匠の発想と技でちょっとした…

    続きを読む

  • 2020.09.18

    江刺 庫裡屋根改修工事

    先月に既存の小屋梁のレベルを取り、1ヶ月弱の墨付け・刻み加工の工程を経て、新たな小屋組みが組まれました。 空地に面した入母屋の妻壁から材料を搬入し、組み立てます。 既存の梁にほぞ穴を掘り、小屋束を立てていきます。 元々の屋根は「又首(さす)…

    続きを読む

  • 2020.09.09

    江刺 庫裡屋根改修工事

    お寺の本堂の隣に繋がる庫裡。外から見るとトタンで覆われた入母屋形状の大屋根ですが、トタンの下には昔ながらの茅葺き屋根が隠れています。 小屋組は伝統的な合掌造りから構成されています。今回の改修工事は小屋束と母屋から成る在来工法の小屋組みに組み…

    続きを読む

  • 2020.09.08

    9月完成見学会 ~ご来場ありがとうございました~

    週末の完成見学会にお越しいただき、ありがとうございました。 2日間で45組のお客様にご来場いただきました。 建物内の密を避けるため、車内や受付でお待ちいただくなど、お客様にもたくさんのご協力をいただき、コロナ禍での完成見学会も無事開催するこ…

    続きを読む

pagetop